文字サイズ

社会貢献活動

お客様から信頼され顧客満足度を向上するための取り組みを行い、ステークホルダーとのつながりを大切にして理解と信頼を深め、地域社会の一員として発展に貢献します。

CS(顧客満足)向上

当社は、CS推進委員会でCS推進に関する基本方針を決定しています。この基本方針のもと、各部門、グループ会社が一体となり、お客さまの声(ニーズ)の共有化と、それに基づく業務改善を進めています。

お客様の声を聞くために年1回事業説明会を開催し、アンケートなどを通じて相互理解と信頼関係を深めています。社内ではCS討論会を年1回実施、CS活動の共有化とCS意識向上を図っています。各事業所・部門では、それぞれの業務内容や環境にあわせてCS5カ条宣言を定め、全員参加型で進化を続けるCSに取り組んでいます。また、CS活動に対する考えを社員に伝えるため社内報等も活用しています。

CS推進体制、CS活動のスパイラルアップ

企業情報の発信・広告

当社は、ステークホルダーの皆様に当社グループのさまざまな活動についてのご理解を深めていただくため、各種法令や社内規定を順守し、公正かつ適切でわかりやすい表示・表現を使用するよう努めています。

法令などで定める企業情報をはじめ、ニュースリリース、空港、駅、新幹線車両内、球場などの社外広告、看板、Webサイトなどの幅広い媒体による情報発信に取り組んでいます。2016年度からは企業Webサイトをスマートフォン対応(日本語・英語・中国語)としました。

また、当社の展示ブースや一部の製品の展示会ではお客さまや取引先によりわかりやすいよう、当社の製品を部品や素材として使用する最終製品やデジタルサイネージを展示しています。

外部展示会でのデジタルサイネージ

外部展示会でのデジタルサイネージ

外部展示会でのデジタルサイネージ

外部展示会でのデジタルサイネージ

JR東海道本線から見る静岡工場ビオトープの看板

本社の製品展示コーナー

本社の製品展示コーナー

本社展示コーナーデジタルサイネージ

本社展示コーナーデジタルサイネージ

スマートフォン対応した企業Webサイト

スマートフォン対応した企業Webサイト

新幹線広告、屋外広告については、下記をご覧ください。

環境に関する取り組み

生物多様性保全の取り組み

住友ベークライトの事業活動は、自然からの恵みに依存しています。当社の「レスポンシブル・ケア活動方針」の理念から、生物多様性の保全が重要であることを認識し、これらの取り組みの一環として「経団連生物多様性宣言」推進パートナーズに参加、指針に示される生物多様性の重要性を認識・経営の基本に反映することを理解し、これらの宣言に沿って、環境負荷低減の推進や調達方針への展開、一部の事業所にビオトープを形成し保全活動を通じて社会との対話を推進しています。製品ライフサイクルの取り組みでは環境対応製品の開発をテーマに掲げ、海外では希少植物の植樹など地域の取り組みに参加しています。

また、これらの取り組み内容は、レスポンシブル・ケア委員会で計画の承認、確認・レビュー、見直しをしています。

ビオトープの取り組み

国内外の当社グループ事業所と生物多様性が重要とされる保護地域との関係を調査した結果、当該地域内に立地する事業所はありませんでした。しかし、保護地域ではありませんが、静岡県藤枝市に当社が所有・立地する静岡工場は2011年度に行った敷地内の生態系調査の結果、地域の絶滅危惧IA 類であるミナミメダカが確認されたことにより生物多様性保全の必要性が高いと判断し、企業ビオトープの形成を行い保全活動に取り組んでいます。ビオトープは、2012年から5カ年計画による造成・整備が2017年3月に完了しました。静岡工場の敷地面積287,000m2の約5%に及ぶ広さの中には、ミナミメダカ以外にも古代ハスの大賀ハスや、虹色の羽を持つヤマトタマムシなど、多様な動植物が生育・生息しています。

2017年度は、ビオトープの一般公開とWeb 公開を開始し、お客さまや地域の方々、その他見学会などにより延べ428名が来場されました。また、体験学習やメダカのご提供などで地域とのコミュニケーションを行っています。これら社内外の取り組みは、工場関係部門・本社管理部門から構成するビオトープ委員会が開催する毎月1回の定期会合にて、共有し運用しています。また、「憩いの杜」を中心とした生物多様性保全活動が、業界団体である特定非営利活動法人日本ビオトープ協会の「ビオトープ顕彰(ビオトープ大賞)」を受賞しました。今後、訪れたお客さまが生物多様性の大切さに触れることで環境意識を高める場、環境教育の場とするなど、地域への貢献となる活用を目指します。

ビオトープ開所式(2017年4月)

彩りの丘

イベント

ミナミメダカ

近隣施設へメダカ提供

ビオトープ顕彰表彰式

森林生態系を守るための取り組み

当社は、間伐事業支援や植林活動など、森林を守ることで生物多様性の保全に貢献しています。間伐事業支援では、2008年度から一般の紙を「間伐に寄与する紙」(森の町内会)に替えることで、主に岩手県の森林の間伐事業を支援しています。2008年からの合計使用量は約57トンとなり、3.93haの間伐促進に貢献しています。

また、インドネシアの事業所ではさまざまな海洋生物を守るマングローブの林を育成する植樹活動を行っています。

今後も、事業所ごとに立地する環境にあわせた生物多様性保全を行っていきたいと考えています。

間伐に寄与する紙(森の町内会)の当社使用量の推移

マングローブの植樹

工場近隣の環境保全・美化活動

当社各工場では、近隣環境の保全と美化のため、地域の環境保全活動や不法投棄撲滅運動への協力や地元主催の清掃・美化行事等に参加して、地域の環境保全・美化活動に努めています。

インドフェリン・ジャヤ
市の環境・美化活動に参加しました。

SBP インドネシア
工場周辺の美化活動に参加しました。

尼崎工場
尼崎市の要請で、ヒートアイランド現象緩和のための「打ち水大作戦」を実施しました。

山六化成工業
大和川・石川クリーン作戦に参加しました。

社会への取り組み

環境・社会貢献活動

当社は、環境・社会貢献活動領域を拡大する目的および教育活動、社会貢献活動の一環として、NPO 法人アースウォッチ・ジャパンのコーポレートパートナーとして、同法人の主催する環境調査プログラムに参加しています。2017年度は、7月に宮城県名取市広浦、仙台市井土浦で行われた東日本グリーン復興モニタリング- 干潟調査(被災した地域の生き物調査)の調査プログラムに、研究調査派遣として参加しました。

アースウォッチ・ジャパンからのメッセージ

「生態系」「生物多様性」など言葉でしかなかったものが、自分のこととして考えられるようになる、これがアースウォッチの調査に参加して得られる成果です。参加した社員がこの体験を周囲に伝え、見識を広めていかれる。その蓄積が事業での取り組みにも生かされてきます。

住友ベークライトには、特に重要と思う課題に対して調査プログラムを協働して企画し、社員参加の機会を充実されることを望みます。

認定特定非営利活動法人
アースウォッチ・ジャパン
理事・事務局長
布井 知子氏

持続可能な社会の実現を目指して

当社が開発した世界最高レベルの引裂き強度を有する透明シリコーンゴムが、第30回日本ゴム協会賞を受賞しました。この賞はゴム産業分野の持続的発展に寄与し得る研究業績を顕彰するものです。化学技術の革新を通して、持続可能な社会の実現に貢献する活動を推進します。


近隣住民との交流、地元行事への参加

近隣の住民との交流や地元の行事に積極的に参加し、地域との結びつきを一層強めるとともに、ボランティア活動・ 寄付行為などを通じて、地域の福祉向上に努めています。

神戸事業所
工業団地内の夏祭りにボランティアで出店参加

静岡工場
「社会福祉法人 藤枝すみれ会南部すみれの家」との交流(花植プランターの受け入れ)

インドフェリン・ジャヤ
孤児院の財団へ食料を供与

SBP インドネシア
「飲料水業者」と安全環境交流会を行い、付近の工場の安全環境に関する情報交換を実施

寄付

当社グループでは、住友ベークライトグループの「基本方針」(社是)の考えのもと、交響楽団などの文化・芸術活動や自然保護基金等の環境保全活動に協力するなど、学校・教育、社会福祉、学術振興、研究開発、地域振興、国際交流、障がい者スポーツ支援等、広範囲にわたって、直接ならびに特定の団体を通じて、寄付等を行っており、より良い地球環境づくりや次世代育成支援のお手伝いをしています。

これからも、人々の明るい未来を創造するための支援を続けていきたいと考えています。

2025日本万国博覧会誘致に向けて

2025年に開催予定の万国博覧会の開催会場として、大阪府が立候補をしています。

本万博誘致にあたっては、公益財団法人関西経済連合会が中心となって設立された誘致委員会が、 2018年11月の開催地決定に向けて、誘致のためのさまざまなプログラムを計画しています。当社も本誘致に賛同し、協賛を行っています。

障がい者サッカー連盟とのパートナーシップ協定を締結

当社の新たな取り組みとして、特に多様性を尊重し、さまざまな人々が共生可能な社会の実現に貢献する観点から、2018年3月1日、「一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(以下JIFF)※1」とパートナーシップ協定を締結しました。当社は「JIFF」の『広くサッカーを通じて、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツの価値を享受し、一人ひとりの個性が尊重される活力ある共生社会の創造に貢献する』とのの理念・活動に共感し、企業としての社会的責任を果たすとともに、オフィシャルパートナーとして協力することで、広くサッカーを通じて、障がい者と健常者が混ざり合う共生社会を築いていく活動をサポートしていきます。

  • ※1
    一般社団法人日本障がい者サッカー連盟は、7つの障がい者サッカー競技団体を統括する機関。「広くサッカーを通じて、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツの価値を享受し、一人ひとりの個性が尊重される活力ある共生社会の創造に貢献する」を理念に掲げ活動している。

画像提供:JBFA日本ブラインドサッカー協会

次世代育成に関する取り組み

次世代インターンシップ・会社見学の受け入れ

次世代を担う若者たちの成長をサポートするため、学生のインターンシップや当社グループの事業や工場で行っている業務への理解を深めていただくための説明会・会社見学(工場見学)を積極的に受け入れています。

住ベテクノプラスチック(本社工場)
児玉白楊高等学校からのインターンシップを受け入れました。

秋田住友ベーク
地元の秋田工業高等専門学校の工場見学を受け入れました。

プロメラス
アクロン大学からのインターンシップを受け入れました。

次世代教育支援

当社が主体となり、藤枝市周辺に工場を置く企業と協力して産学官連携による次世代支援活動を行っています。

CSRに関するお問い合わせ、資料請求はこちら。