プラスチックのパイオニア

文字サイズ

フェノールレジン
フェノール樹脂シート

製品紹介

高耐熱性、基材密着性、高炭化率など、フェノール樹脂の優れた特徴をそのまま持ったシート型フェノール樹脂です。各種材料/金属の接着用やFRPの積層間接着用に適しており、有機溶媒系フェノール樹脂と比較するとVOCの削減や、保管安定性向上にも効果的です。

フェノール樹脂シートの構成

フェノール樹脂シートの構成

特長

フェノール樹脂本来の機能

✔ 熱硬化性

✔ 高接着強度

✔ 耐熱性

✔ 高炭化立

シート化による機能追加

✔ 保管・取扱安定性

✔ VOC低減

使用例

フェノール樹脂シート使用例

テクニカルデータ

接着強度

強接着度
  • 鉄板同士の接着では、250℃でも強度低下はほとんどありません。
  • 10℃保管×1年、30℃保管×3ヶ月は接着強度は低下しません。

VOC

VOC

溶融硬化挙動

  • 60~80℃で溶融し仮付が可能。
  • 120℃付近から短時間で硬化。

残炭率

残炭率
  • 熱硬化型エポキシ樹脂シートと比較して約3倍の残炭率

本件に関するお問い合わせ

住友ベークライト株式会社 高機能プラスチック製品事業本部 ポリマー営業部
Tel: 052-726-8570
hpp-polymer@ml.sumibe.co.jp