文字サイズ

環境への取り組み

レスポンシブル・ケア活動方針

理念

当社は、企業活動のあらゆる面で、レスポンシブル・ケアに取り組み、環境の保全と安全・健康、品質の確保に留意して事業活動を推進し、社会の持続可能な発展に貢献する。

方針

  • 研究開発段階より、原料調達から廃棄にわたる全ライフサイクルにおいて、環境・安全・健康面の評価を行い、環境負荷の最小化、かつ安全な製品・技術の開発に努める。
  • 省資源、省エネルギー、廃棄物の削減、生物多様性の保全にすべての企業活動領域で継続的に取り組む。
  • 環境、安全、品質監査を実施し、環境、保安防災、労働安全衛生管理、品質の管理の維持向上に努める。
  • 環境・安全・健康および化学物質にかかわる法律、規則等を順守し、さらに自主管理規則を制定して、管理レベルの向上を図り、社会、顧客や従業員等の環境・安全・健康の確保に努める。
  • 原料、製品、輸送およびプロセスの安全確保・改善に努め、 従業員、顧客等に安全情報と製品情報を提供する。
  • 施設・プロセス・技術に関わるセキュリティの継続的改善を進め、 従業員及び地域住民の安全・健康を保護するよう操業の安全を確保する。
  • 顧客、従業員および地域住民など利害関係者に環境、安全、製品情報を公開し対話に努め、ニーズをくみ取り、相互理解、信頼関係を深める。
  • 環境の保全と安全・健康、品質の確保をするため、従業員へ教育を実施し、 活動に必要な人材を育成する。

環境マネジメント体制

当社は、レスポンシブル・ケア活動方針に基づきグループ全体で環境の保全に取り組み、社会の持続可能な発展に貢献することを目指しています。

環境負荷低減、生物多様性保全、土壌・地下水汚染対策などを積極的に推進するため、レスポンシブル・ケア委員会と環境負荷低減委員会が中心となり、研究開発段階から原料調達、製造、販売、廃棄に至る全ライフサイクルにおいて、環境評価を実施し、それぞれの現場で適切な取り組みを行っています。

環境マネジメント体制図

マテリアルフロー

原料、エネルギー等のインプットおよび製品、環境排出物等のアウトプットを示しています。

2015年度より、Vaupellグループ各社も集計対象としました。

当社グループでは、環境負荷低減のため、排出物の削減を図るとともに、省資源の見地から投入する原料、エネルギーおよび用水の節減を推進しています。

マテリアルフロー

スコープ3データ

当社グループでは、サプライチェーン全体でのCO2排出量の把握が重要度を増してきていることから、昨年から当社グループ国内事業所のサプライチェーンにおけるスコープ3の算定と開示を開始しました。

2015年度は、昨年の5つのカテゴリに加え、カテゴリ2「資本財」、カテゴリ5「事業から出る廃棄物」、カテゴリ15「投資」の実績について開示しました。今後も継続して算定・開示を進めていきます。

スコープ3のCO2と各カテゴリの排出状況(国内事業所)

水リスクの把握

当社の工場で使用する水には、地下水(井戸水)、上水道、工業用水があります。国内は地下水の使用比率が大きく、海外では上水道の使用比率が大きくなっています。また、国内の使用比率が全体の81%を占めています。

2015年より当社グループの主要な拠点の立地流域の水リスクについて把握を開始しました。その結果東南アジアの4拠点と北米の1拠点で、リスクレベルが「高」となりました。この調査結果を参考に、より効果の高い水資源の保全に取り組んでいきます。

水リスク評価

環境中期目標と2015年度の実績

当社は2009年度に2020年度を最終年とする環境中長期計画を策定し、これに基づく活動を推進しています。

また、経団連の「低炭素社会実行計画」に日本化学工業協会を通じて2010年から参画し、温室効果ガス削減に取り組んでいます。2015年度の実績と2016年度の計画は以下の図のとおりです。

2015年度から環境経営に組み込んだVaupellグループの影響を考慮し、海外事業所の2020年度目標を見直しました。

温室効果ガス削減

認定特定非営利活動法人 アースウォッチ・ジャパンからのメッセージ

化学産業にかかわる方には特に、温暖化の進行と生物多様性の減少に引き続き深く関心を持っていただきたいと考えます。貴社の環境負担低減策のさらなる展開が欠かせません。

貴社の従業員の皆さんには、野外で研究者の調査の手伝いを行うアースウォッチのボランティア活動を通して、自然の時間の流れや生態系のつながり、循環を認識していただきたいと思います。ボランティアの作業は誰でもできるものですが、生物多様性と持続可能な環境に対してさらに理解を深め、自らの事業評価に生かし、ステークホルダーにも波及するようなリーダーシップを発揮されることを望みます。

アースウォッチ・ジャパン布井氏

認定特定非営利活動法人
アースウォッチ・ジャパン
理事・事務局長 布井知子氏

CSRに関するお問い合わせ、資料請求はこちら。