文字サイズ

試薬関連製品 ヒト血中リパーゼ測定用試薬 リパーゼキットS

S-バイオ MENU

お問い合わせ
ヒト血中リパーゼ測定用試薬 リパーゼキットS

製品紹介

血中に漏出される膵由来リパーゼは膵疾患と密接な関係があり、血中リパーゼの活性測定は膵疾患の診断および治療効果の判定に重要な検査の一つになっています。リパーゼキットSは、リパーゼと反応性の高い基質として当社で合成されたS-アシル化合物(BALB)を用い、これにSH基測定用試薬(DTNB)を組み合わせた酵素測定法の原理に基づくヒト血中リパーゼ測定用キットです。

【キット構成】(100回用)

基質液 (BALB、SDS) 1瓶(22mL)
エステラーゼ阻害液 (PMSF) 1瓶(4.4mL)
発色剤 (DTNB) 1瓶(240mg)
緩衝液 1瓶(25mL)
反応停止原液 1瓶(25mL)

特長

1.人工基質による比色法

当社で合成された人工基質BALBと、SH基測定用試薬DTNBの組み合わせで、比色法により測定します。

2.操作が簡便

抽出、滴定などの操作を必要としません。

3.特異性が高く、高感度

エステラーゼ阻害剤により、リパーゼ活性のみを特異的に測定できます。健常人の低いリパーゼ活用も測定できます。

用途

体外診断用医薬品

ヒト血中リパーゼ測定用試薬

ヒト血中リパーゼの測定

使用方法

操作法

検体用(A) 盲検用(B)
発色液 1mL 1mL
検体 50μL 50μL
エステラーゼ阻害液 20μL 20μL
インキュベーション 30±1℃、5分間
基質液 100μL -
インキュベーション 30±1℃、30分間(遮光)
反応停止液 2mL 2mL
基質液 - 100μL
測定 412nmにおける吸光度を測定する

リパーゼ活性値の計算

検体50μLを使用し、上記操作で検体(A)と盲検(B)の吸光度差が0.001を示した場合を、1BALB単位と定義します。BALB単位に0.147を乗ずることにより、国際単位IU/L(遊離SH基μmol/分/L血清、30℃)に換算することができます。

判定法

測定結果の判定法

健常人血清リパーゼ活性の上限参考値は150BALB単位(平均値+2SD)です。

仕様

品番 品名 包装単位 貯法 参考価格(円)
BS-92101 リパーゼキットS [研究用] 100テスト/キット 2~8℃ 35,000

※注記 参考価格(本体価格・税抜)

測定原理

測定原理(原理図)

測定原理(原理図)

性能

1. 特異性試験

膵リパーゼ特異的

2. 再現性試験

吸光度の変動係数:5%以下

3. 測定範囲(例示)

50BALB単位~1,000BALB単位

貯蔵方法・有効期間

貯蔵方法

遮光、冷所(2~8℃)

有効期間

遮光、冷所(2~8℃)・3年

主要文献

  • 1. 北村次男,ほか:医学のあゆみ,109:587,1979
  • 2. Williamson,T.:Med.Lab.Sci.,33:265,1976
  • 3. Kurooka,S.,etal.:J.Biochem.,81:361,1977
  • 4. Kurooka,S.,etal.:J.Biochem.,84:1459,1978
  • 5. 黒岡繁,ほか:医学のあゆみ,104:39,1978
  • 6. 森下玲児,ほか:内科宝函,24:393,1977
  • 7. 岩崎良文,ほか:医学のあゆみ,117:124,1981
  • 8. 森下玲児,ほか:日消誌,75:686,1978
  • 9. Furukawa,I.,etal.:Clin.Chem.,28:110,1982
  • 10.樋口秀朗,ほか:神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌,67:316,1981
  • 11.北村次男,ほか:肝胆膵,4:699,1982
  • 12.Rick,W.,etal.:J.Clin.Chem.Clin.Biochem.,20:537,1982
  • 13.松元喬,ほか:日本臨床検査自動化学会誌,7:273,1982
  • 14.黒岡繁,ほか:MedicalTechnology,12:31,1984
  • 15.Kitamura,T.,etal.:Dig.Dis.Sci.,29:600,1984

添付文書

関連資料