文字サイズ

糖鎖関連製品
糖鎖精製キット「BlotGlyco®

製品紹介

BlotGlyco®はMALDI-TOF-MS・LC-MS・HPLCなど種々の解析に対応したユニバーサルな糖鎖前処理法です。糖タンパク質・血液・細胞・組織・電気泳動バンドなどのクルードな生体由来試料から、糖鎖を精製しラベル化します。BlotGlycoビーズのヒドラジド基が糖鎖の還元末端のアルデヒド基と選択的に結合するため、ペプチド、界面活性剤、イオン性コンタミなどを容易に除去可能です。

「糖鎖精製キットBlotGlyco®96プレート操作方法」の動画を掲載しております。

特長

精製とラベル化が約5時間で完了

1つのスピンチューブ内で、精製とラベル化が5時間で完了します。

特別な装置は不要

ヒートブロックと卓上遠心機以外に特別な装置は不要です。

種々のラベル化合物を使用可能

2ABやPAなどの従来の蛍光ラベル化合物を使用可能です。
高感度MALDI-TOF-MS測定のための独自のラベル化合物(aoWR)を提供します。

96ウェルプレートフォーマットに対応

96ウェルフィルタープレートとバキュームマニフォールドで多検体処理が可能です。

糖鎖精製ラベル化キットBlotGlyco® 96ウェルプレートの操作方法

用途

創薬研究・バイオ研究

糖鎖解析

糖鎖精製

  • ・バイオ医薬品の糖鎖修飾解析:研究開発、品質管理、工程管理
  • ・細胞が持つ糖鎖の解析:幹細胞の分化による糖鎖変化の研究
  • ・バイオマーカーの探索:血清など生体試料の大規模糖鎖解析
  • ・プロテオミクスとの融合:電気泳動のバンドの中に存在する糖鎖の解析

仕様・価格

品番 品名 内容物

参考価格(円)

ポリマービーズ aoWR 反応用チューブ クリーンアップカラム
BS-45403 BlotGlyco®10 10回分 10回分 10本 10本 50,000
BS-45404 BlotGlyco®50 50回分 50回分 50本 50本 225,000
BS-45405 BlotGlyco®100 100回分 100回分 100本 100本 400,000
BS-45406 BlotGlyco®100A 100回分 100回分 - - 376,000
BS-45407 BlotGlyco®100B 100回分 - 100本 100本 384,000
BS-45408 BlotGlyco®100C 100回分 - - - 360,000
BS-45409 BlotGlyco®100D 100回分 - - 100本 376,000
BS-45410 BlotGlyco®200C 200回分 - - - 720,000
BS-45411 BlotGlyco®100E 100回分 - 100本 - 368,000
BS-45412 BlotGlyco®200E 200回分 - 200本 - 720,000
BS-45413 BlotGlyco®
96プレートB
96回分 - フィルター
プレート1枚
クリーンアップ
プレート1枚
384,000
BS-45414 BlotGlyco®10B 10回分 - 10本 10本 45,000
BS-45415 BlotGlyco®50B 50回分 - 50本 50本 202,500

注記

  • 保管温度:冷蔵(4℃)
  • aoWR はMALDI-TOF MS用 高感度ラベル化合物
  • 参考価格(本体価格・税抜)

実験例

バイオ医薬品の糖鎖修飾解析

抗体のN型糖鎖:IgG10μg使用

バイオマーカーの探索

ヒト血清のN型糖鎖:血清5μL使用

Q&A

Q1. どの様なサンプルから糖鎖分析ができますか?

A1.

精製された糖タンパク質の他、血清、血漿、細胞、組織、電気泳動後のゲルなどから糖鎖分析を行った例がございます。

Q2. サンプル中の特定のタンパク質から糖鎖を捕捉精製できますか?

A2.

免疫沈降やSDS-PAGEなどで、目的のタンパク質を分離いただく必要がございます。CBB染色可能なバンドについては、電気泳動後のゲルから直接糖鎖を捕捉精製する事が可能です。

Q3. どの位のサンプルであれば、糖鎖を分析できますか?

A3.

Bovine IgGを用いた実験では、1µ程度あればN型糖鎖の分析が可能です。細胞ですと、最低でも1×10<6>個程度の細胞数をご準備下さい。

Q4. 1回分のビーズで、どれだけの糖鎖を捕捉できますか?

A4.

マルトヘプタオースを用いた実験では、2pmol~100nmolの範囲で、糖鎖を定量的に捕捉できる事を確認しております。

Q5. 糖鎖の回収率はどの程度ですか?

A5.

おおよそ60~70%程度です。糖鎖の分子量、分岐の度合い、末端フコースの有無は回収率に影響しないことを確認しています。但し還元末端の糖の種類は回収率に影響します。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q6. 特定の糖鎖だけを捕捉精製できますか?

A6.

本製品は、還元末端を有する全ての糖鎖を捕捉精製します。特定の糖鎖だけを得たい場合には、本製品プロトコルとは別に分離精製を行う必要がございます。

標識用の試薬はキットに含まれていますか?

A7.

糖鎖切り出し用の酵素は含まれておりません。PNGaseFなどの酵素をお客様にてご準備下さい。製品プロトコルに推奨品が記載されております。

Q8. 標識用の試薬はキットに含まれていますか?

A8.

MALDI-TOF MS用の標識試薬が標準で同梱されております。PAや2ABなどの蛍光標識試薬はキットに含まれておりません。お客様にてご準備下さい。製品プロトコルに推奨品が記載されております。

Q9. 標識せずに糖鎖を回収する事は可能ですか?

A9.

可能です。本製品をご使用いただいたお客様には参考プロトコルをご提供可能ですので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Q10. 本製品で、糖タンパク質や糖ペプチドを捕捉精製できますか?糖鎖結合位置の同定は可能ですか?

A10.

本キットの通常の使用方法では、糖タンパク質や糖ペプチドを精製する事はできませんので、糖鎖結合位置の同定は困難です。関連技術の開発を行っておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせ下さい。

Q11. O型糖鎖や糖脂質糖鎖、プロテオグリカン等の糖鎖分析にも利用可能ですか?

A11.

様々なアプリケーションをご用意しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q12. BlotGlyco®の有効期限は?

A12.

製造日から1年間有効です。*

S-バイオ事業部に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。

TEL:
03-5462-4831
FAX:
03-5462-4835

※受付時間 平日9:00~17:40

お問い合わせ前にぜひご覧ください。