ロゴ

高耐熱&高絶縁性熱硬化樹脂により、
電動化パワートレーンの機能性/信頼性を向上。

液状エポキシ材料

耐熱性に優れる液状エポキシ材料

液状エポキシ材料の要求特性と主要技術

高Tg開発材は、更に耐熱性を高めパワーモジュールや車載高耐熱用途へ展開可能

特長

2液タイプ液状エポキシ材料新規開発品

車載高耐熱用注型材:高Tg、低CTE

SiC/GaNパワーモジュールの更なる小型・軽量化に貢献

特長

優れた絶縁・放熱・耐熱・高密着のパワーモジュール用封止材
項目 条件・単位 現行製品 新規開発品
ECR-2222K
/ECH-222G
ECR-1004
/ECH-4
Tg165℃材 Tg210℃材
液状特性
配合比 主剤/硬化剤 100/100 100/100 100/100 100/100
混合液粘度 60℃・Pa・s 0.5 0.5 3.5 1.5
ゲル化時間 150℃・秒 300 300 200〜300 400〜500
硬化物特性
硬化条件 100℃/2h +140℃/2h 100℃/2h +140℃/2h 100℃/1h +150℃/3h 150℃/1h +180℃/2h
曲げ強度 R.T.・MPa 130 130 105 130
曲げ弾性率 R.T.・GPa 9 9 17 15
絶縁破壊強さ R.T.・kV/mm 35 35 33 33
Tg TMA法・℃ 125 140 165 210
線膨張係数
(<Tg)
TMA法・ppm 40 40 16 18
難燃性 UL94・3.2mmt - - V-0相当 -
コンセプト 高耐熱、低CTE化により、H/C性向上、特に210℃材についてはP/C性向上に寄与。
特性値はいずれも代表値であり、保証値ではありません。開発品の特性は変更になる可能性があります。
用途例
イグニッションコイル
パワーモジュール
一液型エポキシ樹脂
リレーシーリング材:高密着、耐熱
項目(単位) ECR-9750K
LCP接着強さ(N/mm2 常温(25℃) 9.0
湿熱処理後(85℃/85% 6hr+215℃ 15min) 8.6
Tg(℃) 145

お問合せフォームより
お気軽にご連絡ください。