文字サイズ

細胞培養関連製品
細胞アレイ三次元培養システム「Cell-able®」

製品紹介


Cell-able®は、難しい操作や機器は一切不要で、通常のプレートに播種するように細胞を播種するだけで、1ウェルの中に均一なサイズの多数のスフェロイドを形成させることが可能です。
またスフェロイドが底面に接着しているため、蛍光プローブ染色、免疫染色などを容易に行うことができます。


肝毒性の蛍光染色イメージングと解析

ImageXpress® Micro XL System and MetaXpress® Softwear (Molecular Devices) によるイメージングと解析


Cell-able®における肝細胞とフィーダー細胞の共培養


Cell-able®上で培養した新鮮ヒト肝細胞スフェロイド (3T3 Swiss albino との共培養)

キメラマウス由来ヒト新鮮肝細胞(PXB-cells®, フェニックスバイオ)をCell-able®に播種後10日目の電子顕微鏡写真。肝微小構造の再構築が観察された。(データ監修: 旭川医科大学 医学部 病理学講座 腫瘍病理分野 西川祐司教授)

特長

  • 細胞接着面がアレイ状に配置されたマルチウェルプレート
  • 一般的な培養器と同じようにプレートに細胞を播種するだけで、簡単にスフェロイドが形成される
  • 形成されるスフェロイドサイズはほぼ均一であるため、良好な試験再現性が得られる
  • 初代培養器肝細胞や株化がん細胞および患者由来のがん細胞など、接着性の細胞がスフェロイドを形成
  • 12ウェルから384ウェルプレートまで、またClear wallかBlack wallか、試験の目的に合わせてプレートを選択することが出来る
  • 初代肝細胞培養には、専用の培地(RM-101)があり、長期培養が可能である

Cell-able®でのスフェロイド形成

  • Cell-able®の培養表面は円形の細胞接着領域が多数パターニングされています。接着領域以外は特殊なポリマーでコートされており、細胞が接着することは出来ません。
  • Cell-able®に細胞を播種すると、細胞は自ら細胞接着領域に集まって接着します。増殖する細胞は、その場で増殖しスフェロイドを形成します。初代肝細胞のように増殖しない細胞の場合は、播種する細胞数を増やすことにより、スフェロイドが形成されます。

用途

創薬研究・バイオ研究

  • 薬剤の肝代謝・毒性評価
  • 抗がん剤のHCS (High Content Screening)
  • マルチカラーイメージング解析を用いた心毒性評価

仕様・価格

シリーズ 品番 品名 内容 数量 参考価格(円)
Cell-able®
プレート
BS-9096CK BP-96-R800 96 well plate, black wall,
clear bottom, 800 circles/well
1枚 \28,000
BS-9384CK BP-384-R250 384 well plate, black wall,
clear bottom, 250 circles/well
1枚 \28,000
BS-9096CO★ CP-96-H400★ 96 well plate, clear wall,
clear bottom, 400 circles/well
1枚 \26,000
BS-9384CO★ CP-384-R250★ 384 well plate, clear wall,
clear bottom, 250 circles/well
1枚 \26,000
BS-9096C CP-96-R800 96 well plate, clear wall,
clear bottom, 800 circles/well
1枚 \26,000
BS-9048C★ CP-48★ 48 well plate, clear wall,
clear bottom, 1600 circles/well
1枚 \26,000
BS-9024C CP-24 24 well plate, clear wall,
clear bottom, 4500 circles/well
1枚 \26,000
BS-9012C CP-12 12 well plate, clear wall,
clear bottom, 9000 circles/well
1枚 \26,000
BS-9006C★ CP-6★ 6 well plate, clear wall,
clear bottom, 23000 circles/well
1枚 \26,000
BS-9000CG★ GP-12★ 21mm Cover Glass 1枚 \12,000
肝細胞用培地 BS-9000CM RM-101 Culture Medium for hepatocyte 1本(100mL) \20,000
BS-9001CM 1本(200mL) \30,000

  • プレート有効期限: 製造後20ヶ月(2~8℃保存)(冷蔵輸送)
  • 培地の有効期限: 製造後12ヶ月(-80℃保存)(ドライアイス梱包で冷凍輸送)
  • 参考価格(本体価格・税抜)
  • プレートは放射線滅菌済み
  • 本製品は研究用 です。臨床用途には使用できません。
  • 納期: 10日前後
  • ★マークの製品は受注生産です。(納期についてはお問い合わせください)
  • 他の容器へのパターンコーティングをご希望の場合は特注品としてお受け致します。詳細は住友ベークライトまでお問い合わせ下さい。
  • 肝細胞の実験にはRM-101の使用を推奨いたします。

Cell-able®肝細胞培地RM-101と市販培地との比較

Cell-able 96 wellプレート上で,RM101培地及び3種類の市販培地を用いてヒト初代肝細胞の共培養を行った。フィーダー細胞播種数は 8,000 cells/well, 肝細胞播種数は20,000cells/wellとして21日間培養し,CYP3A4の基礎活性を比較した。その結果,RM101では他の市販培地に比べ高い活性が21日間維持された。

  • RM-101は,FBS 1.0%を含む初代肝細胞培養用培地。組成は非開示

実験例

Eurofins Panlabs社でのCell-able®を用いた抗がん剤研究の実験例

3次元培養におけるがん幹細胞マーカー遺伝子発現

がん幹細胞培養用培地PRIME-XV®CIC(Irvine Scientific, CA) を用いてCell-able®プレート及び2次元培養プレートでがん細胞(DU145: 前立腺がん)の培養を行い、RPMI1640(10% FBS)培地で培養した場合と比較した。

  • PRMIE-XV® Cancer Initiating Cells SF Enrichment medium (PRIME-XV®CIC)

Cell-able®プレートでスフェロイド形成が確認されたがん細胞株は144種類

文献紹介

Cell-able®に関する最近の文献の紹介

【肝細胞培養について(肝毒性、薬物代謝、組織の構造、長期培養、アルブミン産生能)】

  • OGIHARA, Takuo, et al.,, Utility of human hepatocyte spheroids for evaluation of hepatotoxicity., Fundamental Toxicological Sciences, 2015, 2. 1: 41-48.
  • OHKURA, Takako, et al. Evaluation of human hepatocytes cultured by three-dimensional spheroid systems for drug metabolism. Drug metabolism and pharmacokinetics, 2014, 29. 5: 373-378.
  • KUSUMOTO, K., et al. A new high-throughput analysis for drug metabolism profiling using liquid chromatography coupled with tandem mass spectrometry. Drug Res (Stuttg), 2013, 63. 4: 171-176.
  • ENOSAWA, Shin, et al. Construction of Artificial Hepatic Lobule-Like Spheroids on a Three-Dimensional Culture Device. Cell Medicine, 2012, 3. 19-23.
  • IKEDA, Y., et al. Long-term survival and functional maintenance of hepatocytes by using a microfabricated cell array. Colloids Surf B Biointerfaces, 2012, 97. 97-100.
  • MIYAMOTO, Y., et al. Preconditioned cell array optimized for a three-dimensional culture of hepatocytes. Cell Transplant, 2009, 18. 5: 677-681.
  • OTSUKA, Hidenori, et al. Two-Dimensional Multiarray Formation of Hepatocyte Spheroids on a Microfabricated PEG-Brush Surface. ChemBioChem, 2004, 5. 850-855.

【肝細胞の分化について】

  • WANG, Wenjie, et al. 3D spheroid culture system on micropatterned substrates for improved differentiation efficiency of multipotent mesenchymal stem cells. Biomaterials, 2009, 30. 14: 2705-2715.

【がん研究】

  • TAN, Aaron C and KONCZAK, Izabela OS 2-1 Modulatory effects of native Australian fruits polyphenols on carcinogenesis pathways
  • WAKAHASHI, Senn, et al. (2013). VAV1 represses E-cadherin expression through the transactivation of Snail and Slug: a potential mechanism for aberrant epithelial to mesenchymal transition in human epithelial ovarian cancer. Translational Research. 162: 181-190. http://dx.doi.org/10.1016/j.trsl.2013.06.005
  • ITAKA, Keiji, et al. (2015). Gene transfection toward spheroid cells on micropatterned culture plates for genetically-modified cell transplantation. JoVE (Journal of Visualized Experiments): e52384-e52384

【その他】

  • MIYAMOTO, Y, et al. (2012). Polysaccharide functionalized magnetic nanoparticles for cell labeling and tracking: A new three-dimensional cell-array system for toxicity testing. Nanomaterials for Biomedicine, ACS Publications: 191-208
  • UCHIDA, S., et al. An injectable spheroid system with genetic modification for cell transplantation therapy. Biomaterials, 2014, 35. 8: 2499-2506.

心毒性評価に関する学会発表

  • 第43回日本毒性学会学術年会 (2016)
    ヒトiPS心筋を用いたマルチスフェロイドCaイメージングによる化合物催不整脈性HTS評価システム
    長倉廷1, 松原孝宜2, 澤田光平1
    1) エーザイ株式会社筑波研究所グローバルCV 評価部, 2) 横河電機株式会社ライフサイエンスセンター
  • 第43回日本毒性学会学術年会 (2016)
    ヒトiPS由来心筋細胞を用いたマルチスフェロイドイメージング解析による抗がん剤の心毒性評価に関する検討
    Evaluation study of cardiotoxicity of anti-cancer drugs using multi-spheroid imaging analysis of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocyte
    近藤卓也,一ツ町裕子,一ツ町知明,蟹江尚平,平野隆之,森田文雄,箱井加津雄,大鵬薬品工業株式会社
    Takuya KONDO, Hiroko HITOTSUMACHI, Tomoaki HITOTSUMACHI, Shohei KANIE, Takayuki HIRANO, Fumio MORITA, Kazuo HAKOI, Taiho Pharmaceutical Co., Ltd.
  • 15th World Preclinical Congress 2016
    Multi-Spheroid Imaging Analysis of Human iPS Cell-Derived Cardiomyocyte as a Assessment Model for the Acute Effects of Cardiotoxicity of Anti-Cancer Drugs
    Takuya, Kondo, Taiho Pharmaceutical Co., Ltd.
  • ㈶バイオインダストリー協会"未来へのバイオ技術" 勉強会 (2016)
    「ハイコンテントアナリシス(HCA)技術の進化」iCell心筋細胞を用いたマルチスフェロイドイメージング解析による新たな心毒性評価法の開発」
    長倉廷(エーザイ株式会社 バイオファーマシューティカル・アセスメント機能ユニットグローバルCV評価部)
  • 第6回学術年会日本安全性薬理研究会 (2015)
    Multi-spheroid imaging analysis of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocyte by Cellvoyager CV7000 system for the assessment of in vitro caridiotoxicity
    TadashiNAGAKURA1), Takayoshi MATSUBARA2), Ko ZUSHIDA3) and Kohei SAWADA1)
    1) Global CV Assessment Unit, Tsukuba Research Laboratory, Eisai Co., Ltd.,2) Engineering Team, Life Science Business HQ, Yokogawa Electric corporation,3) Product Development & Operations, iPS Portal, Inc.
  • 第42回日本毒性学会学術年会 (2015)
    ヒトiPS由来心筋細胞を用いたマルチスフェロイドイメージング解析の in vitro心毒性評価系としての最適化検討
    長倉廷1, 松原孝宜2, 圖子田康3, 澤田光平1
    1) エーザイ株式会社筑波研究所グローバルCV 評価部, 2) 横河電機株式会社ライフサイエンスセンター営業部営業技術課, 3) 株式会社iPS ポータルプロダクト開発事業部
  • Cellular Dynamics International, iForum 2015
    A Novel Method for the Assessment of Cardiotoxicity by Multi-spheroid Imaging Analysis of Human Induced Pluripotent Stem Cell-derived Cardiomyocytes
    Kohei Sawada, PhD, Eisai Co., Ltd.

関連製品

ステムフル®

細胞の遠心分離に使いますと細胞回収率が向上するコニカルチューブです。

プロテオセーブ®SS

S-バイオが独自に新開発した光架橋超親水性ポリマーにより、プラスチック容器内部を高密度に水酸化、タンパク質・ペプチド非特異吸着を効果的に抑制した製品です。

S-バイオ事業部に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。

TEL:
03-5462-4831
FAX:
03-5462-4835

※受付時間 平日9:00~17:40

お問い合わせ前にぜひご覧ください。