文字サイズ

手術・ドレナージ
SBバック(NDタイプ)

製品紹介

2ボトルタイプの携帯用低圧持続吸引器です。

販売名 SB バック
医療機器認証番号 15900BZZ01066000
クラス分類 II

特長

画期的な2ボトル方式

排液量の測定が、陰圧を解除せずいつでも正確にできます。
また、排液口が広く排出操作が簡便です。

ボトル内を減圧してバルーンを膨らませる方式

バルーンにより安定した吸引圧を発生します。バルーンを再び膨らませるだけで吸引を継続することができます。
排液口のキャップを閉じたまま再吸引することができ、その操作中は創部に対して陽圧のかからない構造になっています。

SBバック(NDタイプ)。落差圧でのドレナージ(Natural Drainage)機能を追加しました。

落差圧でのドレナージ(Natural Drainage)

落差圧でのドレナージ

落差圧でのドレナージに移行した場合、吸引ボトル内のダックビル弁が開き、ボトル内の空気が排出されることでスムーズなドレナージができます。ボトルはキャリングバックに入れてドレーンからバックまでの落差を調整することで排液の出方を調整できます。


吸引特性

持続吸引時、落差圧でのドレナージ時の圧特性
  • 吸引圧の一例であり、保証値ではありません。

携帯用のキャリングバック付き

 携帯用のキャリングバック付きです。


吸引器の特長

MRI検査対応

撥水フィルター/ボトルが倒れても、連結チュ-ブ経由で排液ボトルから吸引ボトルへの移行を軽減。逆流防止弁/Yコネクター付チューブ側(患者様側)への排液逆流を防止。

ドレナージチューブの種類

用途

医療

手術・ドレナージ

術後の排液管理のための携帯用低圧持続吸引器

関連製品

SB バック®

2ボトルタイプの携帯用低圧持続吸引器です。

SBバック スリム®

軽量・コンパクトな携帯用低圧持続吸引器です。

SBバック ミニ

軽量・コンパクトな携帯用低圧持続吸引器です。

クリオドレーンバック®

簡便な操作&超低圧吸引が可能です。

クリオドレーンバック®
クローバーシステム

主として腹腔内又は皮下用の低圧持続吸引ドレナージセット

ヘルスケア営業本部に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。
※掲載されていない製品の添付文書についても、こちらからお問い合わせください。