文字サイズ

飛沫感染防護マスク(フェイスシールド)の生産開始について

2020年04月28日


世界各地で感染が拡がっている新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみを申し上げます。また罹患された皆さまにはお見舞い申し上げ、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、社長:藤原一彦)は、これまで培ってきたプラスチック加工技術を生かした飛沫感染防護マスク(以下フェイスシールド)を生産することを決定しましたので、お知らせします。

フェイスシールドは、感染者治療に従事する医療関係者の二次感染を防ぐ防護具となりますが、プラスチック板などで顔面を覆い、飛沫によるウィルス感染を防ぐ機能があります。
今般、新型コロナウィルス感染拡大を受け国内の医療現場のひっ迫した状況の改善を支援するため、当社グループでの生産を決定しました。
最前線で尽力されておられる医療従事者の皆様に心から敬意を表するとともに、一日も早い新型コロナウイルスの感染拡大の終息を願い、住友ベークライトグループとしてできる支援に取り組んでまいります。


フェイスシールド製品の特長

当社は保有しているプラスチック配合技術、シート化技術を生かし、医療用ゴーグルやサングラス用のポリカーボネート樹脂シートを生産しております。

今回、透明性等の光学特性に優れ、ゆがみ無く軽量で高強度のポリカーボネート樹脂を用いたフェイスシールドの生産・供給体制を整えました。また、このフェイスシールドは、消毒用アルコールなどによる曇りや強度低下を起こしにくいので、繰り返し使用することも可能です。

頭部への装着部分には工業用ヘルメットの内部に採用しているホルダーの技術を応用し、片手で細やかなサイズの調整、ボタンをワンプッシュすることでホルダーを緩めることが可能です。

フェイスシールド サイズ調整

バンドを締めて固定できます。緑ボタンを押すとホルダーが緩みます。

フェイスシールド装着イメージ正面

装着イメージ 正面

フェイスシールド装着イメージ斜面

装着イメージ 斜面

供給計画

1. 試供品として100セット(1セット:ホルダー1個+交換用面体10枚入り)を東京都および神奈川県内の病院に無償提供。続けて同数を所管省庁に無償提供予定です。
フェイスシールド セット内容(ホルダー1個+交換用面体10枚)

セット内容:ホルダー1個+交換用面体10枚

フェイスシールド 組立て図

フェイスシールド 組立て図

2. 5月中に上記の量産品を販売開始。
月産1万セット(ホルダー1万個+交換用面体10万枚)の生産体制を整え順次販売予定です。

当面、医療機関向けの供給を最優先に行い、コンビニ・スーパーマーケット等の民生用についても今後販売していく予定です。



報道関係のお問い合わせ先

住友ベークライト株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 広報担当

Tel:03-5462-4818


製品についてのお問い合わせは以下ホームページの問い合わせフォームをご利用ください。