当社の子会社である秋田住友ベーク株式会社にて製造されている医療機器を新潟県内の医療機関に対し提案しています。当社の医療機器は胃や大腸の消化器系の他、呼吸器系、循環器系など非常に幅広い部位に対して使用されています。外国資本のメーカーが市場を牽引する日本医療機器業界において、国産メーカーとして低侵襲、高付加価値などをキーワードにした製品でシェア拡大に励んでいます。

 自分なりの営業戦略を練って、それがうまく採用に至る際には非常に面白いなと思います。もちろん、うまくいかない事も少なからずありますが、客先が多いので、失敗の反省を生かしやすいという点も魅力の一つだと思います。
 モノを売るといっても、自分自身と医師の2人で完結するわけではなく、販売店(商社)や工場など非常に多くの方々が関連してきます。製品や病院によってその都度さまざまに変化する関係性を理解するのが大変だと感じています。

 扱っているのが医療機器なので、製品や説明の仕方に不備があれば直接患者さんに影響が及びます。製品の使用方法や注意点の知識を深く理解するのはもちろんですが、これらの知識をどうすれば医師や看護師などに分かりやすく、正確に伝えることができるか、ということを重要視しております。

 現在担当している新潟県内での拡販が第一の目標となります。どうやったら売れるのかについて、職場の諸先輩方のアドバイスを参考にさせていただきながら、日々励んでおります。長期的な目標としては、いままでなかった新たな治療法に使用されるような新製品の開発に携わりたいですね。

 顧客(医師、看護師)のニーズを深掘りするよう心がけています。なぜこの製品でなければならないのか、なぜこの製品ではダメなのか、会話を通してより納得していただける製品提案や情報提供を行うようにしています。その基礎となる医学知識の習得は非常に重要だと思います。

就職活動時にメーカーを中心に調べており、その際に当社と出会うことができました。選考が進むにつれ、社員の方ともお話しすることができ、皆さん快活な方ばかりであったため、非常に魅力的に感じ、入社した現在でも、大きなギャップはないと思っております。
医療機器事業部 北関東営業所は総勢6名と多くはないですが、その分非常に風通しが良いので、若手の私も臆することなく意見し、周りの皆さんに聞いていただける環境ができていると思います。担当している新潟県は、食べ物やお酒が大変においしいので昼食や夕食が毎日楽しみです。
医療機器事業部のみらなず、当社ではどんな部署でもすぐに責任ある仕事が任されます。そういった責任としっかり向き合える方、自ら考えて行動できる方におすすめだと思いますし、そういう方と一緒に働きたいです。