二輪・四輪のスピードメーターや各種電化製品の銘板として使用される印刷用ポリカシートや建材用ポリカシートの営業活動を行っています。アセアン各国、東アジアの加工業者、代理店、商社が主な販売先です。最近では、海外で日系メーカーの工場建設が増加しており、建材用ポリカシートの拡販のため本社・工場部門の協力も得ながら、取り組みを開始しました。

 社内ではインドネシア語が中心のため、社内調整にも手間取るケースもあり、そういう点での苦労は多いかもしれません。現地スタッフに対して、いかに理解してもらうかということには注意を払うようになりました。苦労も多いですが、こちらでは日本よりもユーザーとの距離が近く、材料メーカーがなかなか聞けない情報が聞けるケースがありますし、商売の規模が大きいことには面白みを感じます。

 どの仕事にも言えることかもしれませんが、自分ひとりで仕事は出来ません。営業部・工場の各部門と連携して活動のため、相手の気持ちを考えた上で、何をすれば上手く行くかを考えて行動するよう意識しています。

 SBPインドネシアの製品は、私たちの身近な製品のパーツとしてさまざまな用途で使われている材料です。新用途、新顧客への販売を出来るよう営業活動したいです。また、製品、業界知識を更に増やし、何か困ったことがある時に頼ってもらえる営業マンになることが目標です。

 自社製品以外の周辺情報にも興味を持ち、知識の幅を拡げることを意識しています。また、社内外の先輩から、過去の経験談を聞き、情報交換することも非常に勉強になり役に立つと思っています。

当時の人事担当から感じられた社風が自分と合っていると思ったことと、海外と携わる仕事に就ける可能性がありそうだと感じたので入社しました。
私の所属するプレート営業本部は、皆の仲が良く、風通しの良い職場環境だと思います。現在のSBPインドネシアでの仕事においても、本社・工場から営業・技術支援をもらいながら、一体となり業務遂行しています。
営業部門では、1年目から即戦力です。責任ある仕事をまかせてもらえる環境にあります。前向きに自分の力を試してみたい人には、おすすめの環境だと思います。