台湾地区顧客への半導体の封止樹脂、ダイアタッチ材の販売を行っています。
 全ての電子機器に無くてはならない半導体を湿気や熱、静電気などから守るためにチップをプラスチックで保護するのが封止樹脂、チップと基板やリードフレームを接着するものがダイアタッチ材になります。台湾は半導体製造の中心であり、そこで50%以上のシェアを守り、さらに拡大していくことが今の仕事です。

 スピードの速い電子材料業界の中でも特にスピードが速いのが台湾のマーケット。一回の失敗が大きく響くこともしばしば。日々マーケットには新しい動きが起こるため、それを見逃さないようにするのは大変です。
 逆に研究、製造、品質保証などと協力して顧客の満足に足る製品や対応が出来た時のフィードバックも早いので、ポジティブな反応を現地で仲間と直に受けられるのは電子材料の台湾駐在の醍醐味です。

 今の仕事にかかわるすべての人が気持ちよく仕事ができるように心がけています。
 どうすれば他の人の仕事が簡単になるか、すばやく片づけられるようになるか、これは対顧客でも対社内でも変わらず大事な視点だと思います。

 顧客や商社、社内に信頼される、「あなただから、あなたなら」と言ってもらえるような関係をより多く築いていきたいと思っています。自分と仕事でかかわる方々が満足してくれるような仕事をすることで、頼ってもらえる、頼らせてもらえる信頼関係を築いていけるよう心がけています。

 仕事、プライベートかかわらず、積極的に現地の方々に中国語で会話をしてみるようにしています。もちろんまだまだ勉強中ですが、中国語だけでなく台湾語をちょっと会話に入れてみると、親しみを持って接してくれる方が多いです。

社名は新幹線の電光掲示板で見て小さいころから知っていたのと、就職活動時に最終製品ではなく素材を扱う仕事がしたいと思ったので。
一般的ではないけれど、世界でトップシェアな製品がいくつもある会社です。 それでも「もっともっと」を忘れないところが素敵だと思っています。
特に文系の方へのメッセージになるかと思いますが、学生時代に触れることの無い分野の製品に携わることになるので、知らないことを知る嬉しさと難しさを楽しめる方にはうってつけです。