Sumitomo Bakelite
Co., Ltd.
RECRUITMENT WEBSITE

封止材という半導体の重要部材の開発で、社会をもっと便利に変えていく

応用研究(半導体関連材料)

2015年入社
工学院 応用物理学専攻修了

PROFILE

2015 年に入社後、九州の電子デバイス材料研究所研究部に配属され、以来、パソコンやスマートフォンに搭載される半導体向けの、封止材開発業務に従事し続けています。

入社を決めたきっかけ

就活を控え、社会に出たら新規材料の開発を通して社会を変えたいと考えていた頃、新幹線の車内で見た、当社の車内広告が志望するきっかけでした。そこに表示された「プラスチックのパイオニア」という言葉に、技術力への自負を感じたのです。
その後、会社説明会やOB面談を通して、世界No1シェアを誇る製品がいくつもあることを知り、こうした高い技術力を有する企業なら世界を驚かすことができるような新しい材料を開発できるはずだと考えました。

現在の仕事内容

半導体素子を外部の衝撃や埃などから守る機能を担う、半導体封止材の開発を行っています。一口に半導体素子といっても、自動車用、パソコン用、家電用など様々な種類があり、それぞれの用途に応じて封止材に求められる特性は変わってきます。私が携わっているパソコンやスマートフォン用の半導体素子向けの封止材開発は、短納期の開発になりがちですが、お客様の望む品質を、お客様の望むタイミングで提供できるように心がけています。

仕事のやりがいについて

自分が開発した製品がお客様に採用された時に、最もやりがいを感じます。開発途中で困難を伴った封止材が使われた最終製品が世の中に流通している姿を見ると、自分の努力が微力ながら社会を一歩前進させたのだと感慨深くなります。初めて開発に関わった製品については未だに毎月の売り上げをチェックし、売れ行きを見守るような親心を感じています。皆さんのパソコンやスマートフォンにも、もしかしたら私が開発した製品が使われているかもしれません。

あなたの「想い」に
火がついた瞬間

お客様で発生した不良の原因を、長期にわたり把握できなかったことがありました。発生した不良自体が前例の無かったものであったため、これまでの知見のみでは、原因究明が困難だったのです。そうした中でも粘り強く真摯に対応し続け、最終的に原因特定および不良改善につながりました。当時はとても大変でしたが、あきらめずに対応し続けた結果、部署内外やお客様から広く協力いただけたことで、努力は報われるということを実感しました。

今後の目標や夢

まずは今抱えている封止材開発案件を完成に導き、お客様からの採用を目指しています。非常に技術難易度の高く、チャレンジする要素の多い開発案件なのですが、お客様からは当社の技術力を信頼して声をかけて頂いたので、その信頼を裏切らず、期待に応えられるように奮闘しています。ゆくゆくは、今までにない機能を持ったような画期的な封止材を開発し、素材を通して世界をより良い方向に変えていきたいと考えています。

住友ベークライトは
こんな人におすすめ

新しい価値や可能性に挑戦したい方、新しいこと自体をやってみたい方には、当社の環境や風土が良く合うのではないでしょうか。やりたいことを伝えれば比較的自由にやらせてくれますし、その一方でフォローもしっかりしてくれる社風だと感じています。それから、海外事業所も海外各地にあるので、一度は海外勤務経験を積んでみたいと考えている方にもおすすめです。

ある1日の
仕事の流れ

朝
  1. 08:30出社、メールチェック
  2. 09:00朝のミーティング
  3. 09:30研究サンプルの試作立ち合い
  4. 11:00海外とのWeb会議
昼
  1. 12:00昼食
  2. 13:00データ解析・次回実験の計画立案
  3. 15:30顧客への提出資料作成
夜
  1. 18:00退社
  2.  

オフィスの雰囲気

言いたいことを言える、やりたいことをやれる、そんな風通しの良い職場だと感じています。上司は私の意見をよく聞いてくれますし、良い部分があれば事業所全体に適用できるよう、積極的に働きかけてくれます。また、公私のメリハリがついた社員が多いです。職場で一心不乱に仕事に取り組んでいる先輩が、飲み会ではハメをはずしている姿を見て、思わず目を疑ってしまったことを覚えています。

休日の過ごし方

週末は社内外の仕事仲間とフットサルをしたり、バイクでのツーリングに出かけたりしています。私の勤務地である九州は魅力的な温泉地が多いので、日帰りや泊りでお湯に浸かりに出かけることも多いです。