Sumitomo Bakelite
Co., Ltd.
RECRUITMENT WEBSITE

製品完成後の、その先を見据えて研究開発に取り組む

応用研究(半導体関連材料)

2013年入社
工学研究科 応用化学専攻修了

PROFILE

入社以来、宇都宮工場内にある研究所で、半導体用材料、封止材料、ディスプレイ用材料等の研究開発業務に従事しています。

入社を決めたきっかけ

就職活動に入り、住友ベークライトが電子材料、自動車、食品、医療品など幅広い分野に提供する材料を取り扱っていて、広範囲に高い技術を有している点に、まずは興味を持ちました。次に企業研究を進めると、SBスクールと呼ばれる充実した教育制度があり、入社後に未知の技術についてもしっかりと学べることから、大学時代のバックグラウンドに関係なく活躍できるとともに、自分自身を成長させられる風土として大きな魅力を感じました。

現在の仕事内容

ディスプレイに用いる高分子材料の研究開発を行っています。お客様が求める材料を開発し、製品に採用されることがミッションです。そのためには幾つもの課題解決が必要になります。ひとつずつ仮説を立て、検証実験を行って要因を特定し、改良するというサイクルに日々取り組んでいます。また、定期的にお客様と打合せを行い、お客様側の評価やディスプレイ開発の状況を確認しながら、採用の要件を満たす材料の完成を目指しています。

仕事のやりがいについて

この仕事の一番の魅力は、高分子関連の最先端の技術や製品に深く関われるところだと思います。それだけに、求められる材料開発の難易度は極めて高く、開発を進めていく中で立ちはだかる課題は簡単に解決できず、予想しないような結果が得られることもしばしばあります。しかし、それでもコツコツと要因究明を行う中で、課題解決の糸口が見つかって、これで一歩前進できたと思えた時は例外なく、とても大きなやりがいを感じられます。

あなたの「想い」に
火がついた瞬間

お客様先に初めて訪問した時のことが強く印象に残っています。それまでは、要求値を満たすことが開発のゴールで、その先まではあまり意識していませんでした。しかし、打合せの中で先方の抱える課題を直接聞き、材料がどのように使われ、なぜその要求が必要なのかをしっかりと理解していなかった自分の視野の狭さに気づいたのです。同時に、お客様と一緒に製品を開発しているのだという想いが芽生え、目標達成への意欲はずっと強くなりました。

今後の目標や夢

自分が悩んだり考えたり手を動かしたりして研究開発を進めていく中で、試行錯誤や相当の努力を経て生まれた材料が、お客様の製品に採用され、さらにその製品が世の中に大量に出ていくことが、材料の研究開発担当者としての一番の夢です。そのためには、まだまだ私自信のスキルアップが必要です。社内の多くの先輩方のように、知識や経験を積み重ねて、この仕事を主導していくための自信をもっとつけたいと考えています。

住友ベークライトは
こんな人におすすめ

住友ベークライトは幅広い製造分野に樹脂製品や材料を提供していて、入社後も部署の異動や新製品に関わる際には、それまで経験してこなかった技術に触れることが多いことから、広く様々なことに興味を持てる人に向いている会社だと思います。また、周りの人を巻き込める人は思いっきり活躍できますし、コツコツ努力できる人も確実に評価されることから、そうしたタイプの人にもおすすめの会社だと思います。

ある1日の
仕事の流れ

朝
  1. 08:45出社、メールチェック、スケジュール確認
  2. 09:00朝礼
  3. 09:30評価用サンプル作製
昼
  1. 12:00昼食
  2. 13:00午前中作製したサンプルの評価
  3. 15:00実験結果まとめ等のデスクワーク
  4. 16:00グループで結果共有、打合せ
夜
  1. 17:00翌日の処方作成、実験準備
  2. 17:40退社(業務が残っていれば残業)
  3.  

オフィスの雰囲気

同期の人数がそれほど多くなく、また別々の部署に配属された後でも再会する機会となる研修が多いこともあって、同期とのつながりの強さを感じています。これは、自分たちの年次だけではないようです。また、職場の上司や先輩たちからはフランクな雰囲気で接してもらえますし、後輩からも意見や相談をされやすい雰囲気だと感じています。

休日の過ごし方

休日には、会社の人たちとゴルフや飲み会をしたり、友人とドライブに行ったりして、楽しく過ごすことが多いです。また、社会人になってからヨガを始めました。週に1~2回程度の割合で教室に通い、研究開発に集中して疲労した頭と体を、ともにリフレッシュしています。