現在、自動車部品に使用されている金属部品をプラスチック材料へ代替するための材料・製品開発およびそれを支える要素技術の開発を行っています。
 これまで当社にはなかった新しい材料を用いて実際の製品へ適用するためにどのような方法がベストかを考え、使用する材料と製品に適した成形技術の開発とその技術を用いた製品開発が私の仕事です。

 これまでに世の中にない最先端の材料とそれを用いた製品開発の研究の一端を担っていることに面白さとやりがいを感じています。一方で、この材料を実際の製品に適用するに当たっては、高い特性と安定した品質と両立しなければなりません。また、試験片での結果と実際の製品での結果が合わないこともしばしばあり、どうすれば相関がとれるか評価のやり方なども含めて考えるときにやりがいもありますが同時に大変さも感じます。

 やはり自分の目で見て、自分で実際にやってみることが大切だと感じています。話を聞くだけではわからないことも、実際に見ることで状況を把握することができるので、次にどういう対応をとればよいかなど考えやすくなります。

 現在携わっている材料は日本ではまだ実績がないので、少しでも早く世の中に送り出し、実績化することです。

 これまでの社内で先輩方が得られた知恵や知識を吸収しながら、外部(大学やメーカー等)の知見なども得て、さまざまな角度から物事をとらえて開発に取り組むように心がけています。

私の出身研究室の先輩が入社しており、働きやすく雰囲気のよい会社であると聞いて住友ベークライトに興味を持ちました。
若手の時から自分でやりたいことを、責任を持って積極的にできる会社だと思います。また、職場では当然真剣に仕事に取り組んでいますが、仕事が終われば…楽しい人がいっぱいです。
実際に入社してみると、自分が思い描いていた会社とは異なることもあるかと思いますが、若手の時から自分のやりたいことをできるので、責任をもってやってみたいという人には是非おすすめです。