Sumitomo Bakelite
Co., Ltd.
RECRUITMENT WEBSITE

石油に頼らないバイオの力で、未来の素材をつくり出す

コーポレート研究(物質創生)

2010年入社
工学研究科 有機プロセス工学専攻修了

PROFILE

入社後、半導体材料等の研究開発に従事した後、フェノール分離精製技術の研究開発に取り組みました。現在は、子会社であるグリーンフェノール開発株式会社に出向し、微生物によるフェノール生産技術の研究開発に挑んでいます。

入社を決めたきっかけ

新しい材料を創り出すことに興味があり、特に世界を相手にビジネスを展開している材料メーカーで働きたいと思っていました。一方で、時代が変遷していく中、歴史や伝統のある企業にも惹かれていました。住友ベークライトをはじめ、当社以外にも魅力的に映る会社がたくさんあり悩みましたが、説明会に参加したり、社員の方々に話を聞いたりしながら、最後は社風に惹かれて入社しました。

現在の仕事内容

バイオプロセスによって、様々な物質を生産する技術の研究開発に携わっています。私の仕事は、菌の力を最大限に引き出すこと。公益財団法人 地球環境産業技術研究機構と共同で、遺伝子組み換え菌の開発や、その菌を利用したバイオ生産プロセスの構築に取り組んでいます。ラボでの業務が中心ですが、大型の培養槽を使った量産化検討など、工業化を見据えた検討にも取り組んでいます。

仕事のやりがいについて

いま取り組んでいるバイオ技術は、環境問題や資源問題を解決する糸口の一つとして期待されているなど、新たな可能性を切り拓く分野です。未知への挑戦と、世の中への貢献。この2つが共存しているところに、魅力とやりがいを感じています。また、バイオプロセスによる物質生産は、当社にとって新しい挑戦となる分野です。ただ目先のテーマとしてだけでなく、今後の基盤となる技術として確立していくことも大事な使命と思っています。

あなたの「想い」に
火がついた瞬間

技術者としては、未知への興味が根本にあると感じています。現在のバイオ分野の仕事は、私にとって初挑戦でしたが、生物の不思議さと可能性に魅せられ、たちまち虜になってしまいました。個々の業務では、大型バイオ生産設備の導入に携わったことが特に印象深いです。トラブルが連発する中、スタッフ総出で何とか最初の試作を成功させました。ラボと実機の違いを強く体感させられた出来事であり、一方ではラボから実用化への第一歩を踏み出した瞬間でもあり、強く印象に残っています。

今後の目標や夢

まずは、今携わっているバイオ技術を事業として確立させることが目標です。従来の石油化学を基盤とした技術にはない、バイオならではの付加価値を提供していきたいと考えています。その後は、分野横断的な挑戦を続けていきたいと思っています。少しずつ視野を広げて、貢献できる領域を大きくしたいですね。
また、技術者を志したきっかけとして、宇宙への興味があるので、何らかの形で関われたら嬉しいな、と密かに思っています。

住友ベークライトは
こんな人におすすめ

住友ベークライトに興味をもち、会社の理念に共感できる方。また、風通しの良い職場と感じるので、主体的に業務に取り組みたいと思っている方にはぜひ入社していただければと思っています。また、プラスチックについて今はよく分からない、けれど興味がある、という方の入社も心待ちにしています。過去に学んできたことと、これから学ぶこと、組み合わせたらきっと面白いと思います。

ある1日の
仕事の流れ

朝
  1. 09:00始業、分析装置の立ち上げ
  2. 10:00菌の培養の準備
  3. 11:00植菌、培養実験を開始
昼
  1. 12:00昼食
  2. 13:00グループゼミ
  3. 14:00培養槽の確認
  4. 15:00翌日の実験の準備
  5. 16:00引き続き培養槽の確認(適宜条件等を調整)
夜
  1. 17:30終業(ただし菌は引き続き活動を継続)
  2.  

オフィスの雰囲気

風通しがよく、上司にも相談しやすい雰囲気の職場だと感じています。若手社員のうちから様々な仕事を任され、主体的に業務に取り組むことができます。また、上司や先輩だけでなく、頼もしい同期や後輩も多く、いつも議論を通じて貴重な助言やアイデアをいただいています。

休日の過ごし方

妻と共働きということもあり、休日は家でのんびりと過ごすことが多いです。
ただあまりにも引きこもってばかりなので、旬の味覚や、土地の名産品を求めて旅行に出かけるようにしています。地元のお酒を味わいながら、旅先でもやっぱりのんびりと過ごすことが多いですが、突然思いついたように雑貨屋巡りに精を出すこともしばしば。おかげで家には愛着ある、しかし謎の置物がたくさん鎮座しています。