文字サイズ

糖鎖関連製品
エバネッセント蛍光スキャナ Bio-REX Scan 300
専用チップ レクチンチップ(Ver.2) ER3601

製品紹介

抗体医薬品や再生医療用細胞(iPSなど)、エクソソームなどの「糖鎖をもつ生体分子」に結合している糖鎖のプロファイル解析が可能です。

特長

本システムでは検出原理に「エバネッセント励起蛍光法」※1 を採用することで洗浄しない状態での「液相スキャン」に対応し、洗浄操作で洗い流されてしまうような糖鎖-レクチン間の弱い相互作用の観察を実現しています。また多数のレクチン又は糖鎖が固定化された専用チップをスキャンした際に、得られた蛍光強度を標準搭載ソフトが自動で数値化することでユーザーが簡単に解析結果を取得可能です。以上のことから簡便に感度よく糖鎖・レクチン間の相互作用を解析することが可能です。


※1 エバネッセント励起蛍光法

本検出法では、専用チップの端面から入射光を導入し、チップ表面にエバネッセント波を全反射させます。このエバネッセント波を励起光に利用することで、基板近傍の蛍光物質のみを励起するため、チップを洗浄しない「液相状態」でも高感度な蛍光観察が可能となります。

用途

創薬研究・バイオ研究

糖鎖解析

本システムは「ワクチン産生細胞・幹細胞・エクソソーム・乳酸菌」といった解析対象への「表面糖鎖プロファイリング」や、特定のレクチンとの相互作用を利用したバイオ医薬品の抗原糖鎖検出等への活用が期待されています。
また当社は今後「ワクチンの研究開発」や「診断用抗体の糖鎖認識性評価」といった、新しい用途の開発活動にも、積極的に取り組んで参ります。

活用例

iPS細胞と線維芽細胞の識別

比率の異なるiPS細胞と線維芽細胞の混合細胞破砕液(0.5mg/mL)を各ウェルに80uL添加し、シグナル強度を比較

iPS細胞の比率が下がるとシグナル強度が高くなるレクチンと低くなるレクチンを確認
⇒ 本レクチンチップを用いて、iPS細胞と線維芽細胞を識別することが可能

仕様・価格

品番 品名 数量 参考価格(税別)
BS-45210 レクチンチップ(Ver.2) ER3601 5枚/ケース    225,000 円
BS-49901 Bio-REX Scan 300 1式 8,900,000 円
測定スライド  液相観察対応専用スライド
取得画像解像度  15μm
測定時間  20~100秒/枚(露光時間設定による)
対応蛍光色素  Cy3(推奨)、Cy3代替色素
出力画像形式  TIFF形式(16bit)、BMP形式
入力電圧  AC100~240V(50/60Hz)
消費電力  120VA
本体寸法  220(巾)x370(奥)x416(高)mm
重量  約12kg

* BS-49901「Bio-REX Scan 300」に含まれるもの

本体:1台、レクチンチップ用カートリッジ:5個、糖鎖チップ用カートリッジ:5個、10連カートリッジホルダ:1個、ミキサー:1個、Ⅼ型電源コード:1本、取扱説明書:1冊

文献紹介

ヘルスケア営業本部(バイオ製品)に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。

TEL:
03-5462-4831
FAX:
03-5462-4835

※受付時間 平日9:00~17:40

お問い合わせ前にぜひご覧ください。