文字サイズ

消化器内視鏡
SBソフトフード

製品紹介

SBナイフJrタイプ/ショートタイプを強力にサポートする“ESD用ソフトフード”

販売名 SBソフトフード
医療機器届出番号 05B1X00002000025
クラス分類 I

特長

  • 柔軟性を有しているため、大腸等の粘膜層の薄い消化管での使用に適しています。
  • 独特な開口部の形状により、SBナイフとの干渉が少なくSBナイフの回転・開閉操作を容易にします。
  • 効果的な側孔を配置し、フード内に溜まったガス、液体のフード外への排出を促進します。
  • フード上部に傾斜を設け、粘膜下層への潜り込みがしやすい形状になっています。
    また、アンダーカットタイプはフードの下部を斜めにカットしてあり、潜り込み時にフード下部が手前の粘膜に干渉せず、スムーズな潜り込み動作をサポートします。

用途

医療

消化器内視鏡

ESD、内視鏡検査における視野確保およびワークスペースの確保

関連製品

SBナイフ®

ハサミ型モノポーラESDナイフです。

SBナイフJr®

大腸など狭い消化管での処置に最適です。

マルチインジェクター®

シンプルなフォルムに基本性能を凝縮した内視鏡的粘膜切除術用注射針です。

フレキシブルオーバーチューブ®

屈曲に対しても内腔が保持される咽頭部通過用ガイドチューブです。

添付文書

トピックス すべてを見る

ヘルスケア営業本部(医療機器製品)に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。
※掲載されていない製品の添付文書についても、こちらからお問い合わせください。