プラスチックのパイオニア

文字サイズ

熱放散性材料
熱放散性材料

製品紹介

電子部品、光学部品の小型化、高速化対応などの分野で熱対策としてのサーマルマネージメントのニーズが高まっています。
当社は、熱可塑性エンジニアリングプラスチック成形材料(PPS)、熱硬化性樹脂成形材料(フェノール、エポキシ)、液状樹脂(エポキシ)、粉体塗料(エポキシ)など様々な製品ラインアップで熱放散材料をご提供します。

生産工場

  • 静岡工場

研究所

  • HPP技術開発研究所

特徴

幅広い熱放散性材料ラインアップ

成形材料では、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂をベースとし、熱伝導率1~10W/m・Kの材料を取り揃えています。

用途

エレクトロニクス・電機

電子部品

光学部品

光ピックアップ等

関連製品

熱放散性材料(自動車製品営業本部)

熱可塑性エンジニアリングプラスチック成形材料(PPS)、熱硬化性樹脂成形材料(フェノール、エポキシ)、液状樹脂(エポキシ)など様々な製品ラインアップしている熱放散材料です。

回路・電子産資営業本部に関するお問い合わせ、資料請求はこちら。

TEL:
03-5462-4118
FAX:
03-5462-4889

※受付時間 平日9:00~17:40

お問い合わせ前にぜひご覧ください。