文字サイズ

青果物の鮮度を保ち、環境負荷削減に貢献するP-プラス®

青果物の鮮度を保ち、環境負荷削減に貢献するP-プラス

鮮度保持フィルム『P-プラス®』は、青果物を“ 冬眠状態”(呼吸が低くなる平衡状態)にして、品質低下のスピードを遅らせ、鮮度を長持ちさせることで、流通や商品力を向上させる製品です。

発泡スチロール容器から段ボール箱への切り替えができるため、軽量化・コンパクト化が図れてごみ問題に貢献します。また、容器包装の機能向上による品質維持期間延長で、食品ロスの発生も抑える事ができ、青果物のライフサイクル環境負荷削減に貢献しています。

『P-プラス®』は日本各地の特色ある青果物の出荷に活用されるだけでなく、近年は海外への輸出、海外間の流通にも採用されています。。また、カット野菜の包装にも利用されており、家庭用ジッパー袋の販売も行っています。

日本各地の青果物の出荷に活用されています

当社のホームページでは「今月のP-プラス青果物」として、毎月、青果物のトピックスを紹介しています。

CSRに関するお問い合わせ、資料請求はこちら。