文字サイズ

青果物の鮮度を保ち、環境負荷削減に貢献するP-プラス®

青果物の鮮度を保ち、環境負荷削減に貢献するP-プラス

鮮度保持フィルム『P-プラス®』は、青果物を“ 冬眠状態”(呼吸が低くなる平衡状態)にして、品質低下のスピードを遅らせ、鮮度を長持ち させることで、流通や商品力を向上させる製品です。

発泡スチロール容器から段ボール箱への切り替えができるため、ごみ問題に貢献し、軽量化・コンパクト化がはかれるほか、容器包装の機能向上による品質維持期間延長により、食品ロスの発生も抑える事ができ、青果物のライフサイクル環境負荷削減に貢献しています。

日本各地の特色ある青果物の出荷に活用されるだけでなく、近年は海外への輸出、海外間の流通にも採用されています。

野菜を元気にする男の子P-プラスマンの絵本はこちらから
呼吸量をできるだけ低く抑えることが、品質低下のスピードを遅らせる最も有効な手段です
P-プラス®で包装することにより、「低酸素・高二酸化炭素」状態で青果物の呼吸を抑えます
鮮度保持フィルム P-プラス

目印はこのマーク

当社のホームページでは「今月のP-プラス青果物」として、毎月、青果物のトピックスを紹介しています。

日本各地の青果物の出荷に活用されています

海外市場でも活用が広がっています

野菜の輸出に

宮崎県 くしまアオイファーム様 [サツマイモ]

くしまアオイファーム様のサツマイモは、日本国内での消費のみならず、香港・台湾・シンガポールへ輸出されています。2015年7月からは、結露防止タイプの『P-プラス®』を全面採用。鮮度の高さから評判になり、輸出量も増加しています。

おやついも

海外プロモーション

海外展開

結露防止フィルムとは?

一部の青果物を、従来の防曇フィルムで密閉すると、青果物自体の水分でフィルムの表面に結露を発生させてしまい、鮮度悪化の要因になっていました。結露防止フィルムは防曇性と水蒸気透過性を持たせることで、結露防止効果を可能にしています。

一般のフィルム
水滴がフィルムに付着すると、光を乱反射して曇って見えます。

従来防曇フィルム
付着水を膜状にする効果がありますが、膜状にしきれない水で曇ってしまいます。

結露防止フィルム
防曇性と水蒸気透過性を持たせ、結露防止効果を可能としました。


本物のサツマイモを追い求めた結果、『P-プラス®』の鮮度保持技術に着目しました。海外での需要増にも応えることができ、「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰」農林水産大臣賞を受賞するに至りました。今後も『P-プラス®』とともに、さらなる展開拡大を目指します。

株式会社くしまアオイファーム 社長 池田誠 様

株式会社くしまアオイファーム 社長
池田 誠 様


現地での流通に

タイ Sun International Flower 様 [ランの切り花]

ランはタイのシンボルと言える花です。Sun International Flower 様は月に150万本の切り花を世界中へ輸出しており、ヨーロッパ向けの空輸出荷用に『P-プラス®』を採用いただいています。従来は4〜5日間しか店頭で品質維持できなかったのが、『P-プラス®』の利用により10日間にまで延ばすことが可能となりました。

ランの封入

私たちは、多くの方に愛されているタイのランを世界中の人々にお届けすることを使命としています。そのためには、花の選択から配達方法に至るまで、すべてのプロセスにおいて細やかな配慮が必要です。現在は『P-プラス®』を高品質な花の特別な包装材として利用していますが、ヨーロッパを中心に、花の品質に対する評価が確実に上がっていると感じています。

これからも『P-プラス®』の鮮度保持力を武器に、同業他社が追従できない出荷・輸送態勢を構築し、さらなる市場拡大を目指します。

Sun International Flower 副社長 Wuthichai Pipatmanomai 様

Sun International Flower 副社長
Wuthichai Pipatmanomai 様

CSRに関するお問い合わせ、資料請求はこちら。