文字サイズ

安全・安心への取り組み

安全・保全

当社は、安全な職場環境を整え無事故・無災害を目指しています。


労働安全マネジメント体制

当社ではお客さまに安全で高品質な製品をお届けするとともに、従業員が健やかに日々の業務にあたるためには、安全な職場環境や製造プロセスが不可欠であると考え、労働安全衛生に注力しています。

2009年に国内工場と主要関係会社、2010年から海外関係会社でOHSAS18001の認証取得を進めています。2015年には神戸事業所が取得し、国内5事業所、3関係会社および海外15関係会社の合計23事業所で認証を取得しています。

環境マネジメント体制図

機械設備のリスク低減活動

国内の工場および関係会社では2008年から、海外関係会社では2009年から、新規機械設備をISO12100に準拠して設計しています。既設設備についてもリスクアセスメントを繰り返し行い、機会設備の本質安全化を進めています。


化学物質のリスク低減活動

2012年から国内の工場および国内外の関係会社では、化学物質のリスクアセスメントを計画的に実施し、SDS(Saftey Data Sheet:安全データシート)をもとにしたリスク評価により計画的に低減措置を進め、従業員の健康障害の防止を図っています。


環境・安全監査

国内事業所および国内外の関係会社では、環境保全のための予防対応、法令順守、省エネルギーの活動、廃棄物管理、化学物質管理の状況、および安全衛生・保安のための対応、法令順守、教育訓練状況を調査確認するため、環境・安全監査を毎年実施しています。

また、環境・安全監査では各事業所における前年度の苦情件数の確認も行っており、2015年度は環境影響に関する苦情はありませんでした。

インドフェリン・ジャヤでの環境・安全監査

インドフェリン・ジャヤでの環境・安全監査

保安防災

保安防災は、事業所の最優先課題です。当社の事業所は、地域社会から信頼され、従業員の安全を確保し、お客さまに安定して製品をお届けできる「安全・安心事業所」を目指しています。

すべての事業所で無事故・無災害を達成するため、活動計画を策定し、教育訓練を継続しています。また、万一の事故に備えて被害を最小化するための防災対策と訓練も実施しています。

住友倍克澳門で行った夜間避難訓練

SNC インダストリアル・ラミネイツで行った防火訓練

SBP インドネシアで行った消火訓練

化学物質管理

当社は、各国法規制に適応した化学物質管理を推進しています。

化学物質管理システム

当社グループ(国内外に展開する各工場、研究所)が取り扱う原料、製品を構成する化学物質を一元管理するために「化学物質総合管理システム」の構築を推進しています。このシステムの導入により迅速な各種調査(製品や原料の安全性、法規情報など)が可能となり、正確な情報を提供できる体制が整いました。アーティクル※7製品の生産工場へも水平展開し、数量管理を台湾、韓国向け製品へも適用拡大しています。

今後も管理システムの機能充実を図り、さらにきめ細かい化学物質管理体制を構築していきます。

  • ※7
    成形品。一般的に「形があって寸法が測れるもの」全般を言い、機器本体、電子部品、紙およ び包装材等の成形された製品・部品などが該当します。
化学物質管理システム


製品責任

当社グループでは、お客さまが満足し安心していただける製品とサービスを提供するために、「顧客第一」と「品質第一」を掲げ、ISO9001を基本とする品質マネジメントの維持・向上はもとより、製品企画~研究~設計開発~生産準備~生産~販売・サービスおよび品質保証の全プロセスで関連部門が連携して実施する仕組みを作り、品質の維持向上に努めています。

新製品開発・製品化プロセスのあるべき全体像

2015年度の主な活動

  • 既存製品の品質向上
    長期未解決クレームゼロ化と苦情低減、失敗コスト大幅低減、クレームや工程異常の再発・未然防止に向けた「な ぜなぜ・深掘り分析」およびそれらの知識化
  • 新規事業のリスク低減
    新製品開発の期間短縮と業務品質向上、各種品質管理技術の積極活用
  • 各拠点に対する品質内部監査と日々の点検・検証
    顧客満足度の向上、品質リスクの低減、製造物責任の順守など
  • リスク未然防止に向けた品質管理スキルの向上
    全従業員対象のe-ラーニング品質教育、「FMEA」・「DRBFM」・「品質工学」・「振り返り分析、なぜなぜ・深掘り分析」の実践教育などSBスクールでの32プログラム

などに取り組みました。

CSRに関するお問い合わせ、資料請求はこちら。